若女将が新たな趣味を見つけたようです。

こんばんは!

今日は私の最近ハマっている『あること』を紹介します!

写真と言えば今まで専らiPhoneでなんでもかんでも撮っていました。

しかもアプリで加工すると大概の写真ってお洒落になっちゃうじゃないですか。

便利な世の中だな~と。スマートフォンのカメラって綺麗だし。

でも前回、桜をCanonのカメラで撮ってみよう!とたまたま思い立ったのが始まりだったのですが

「ん!?カメラって楽しいんでないか…!?」

そんな『カメラって楽しいんじゃないか疑惑』は日に日に私の中で膨らんでいき

次の日も次の日も用もないのにカメラをぶら下げて歩き回る怪しい若女将…

次第にカメラを持って大山寺をお散歩するのが日課になりました。

そして極め付けの事件が起こるのです…。

その写真がこちら…

お分かりいただけるでしょうか。

写真中央に写りこんだ、なにやら愛らしい姿…。

「これ、野鳥ってやつじゃない!?」

自分でもよくわからないですがなぜか興奮してしまい

すぐに近くの大山自然歴史館へ。<雪花荘から全力で走って15秒くらいのところにあります>

まさに文字通り大山の自然と歴史についてがわかる場所。(大好き過ぎる場所なのでこちらの詳細は後日)

職員さんに写真を見せるとすぐに答えが。

「あーメジロですね。」

「え!?メジロ!?メジロってあのメジロですか!?」

「はい。メジロですよ。」

「メジロってこんな近くで見れるんですか!?」

「あはははは、メジロって割とどこでもいますよ。」

「えええええええー!?」

(今まで野鳥に興味がなかったからスズメくらいしかわからないけど

メジロってあの…目の周りが白い鳥でしょ!!)

私の興奮っぷりに職員さん若干驚かれていましたが、

「また何か撮ったら見せに来てくださいね。」と優しいお言葉をいただきました。

というわけで、もうおわかりですよね、私の最近ハマっている『あること』。

野鳥を撮って、なんという名前の鳥なのか調べること!でした。

こちらはジョウビタキのオスです。

ジョウビタキは通常、中国東北部などで繁殖し、冬になると日本やインドシナ半島に南下する鳥なのだそうです。

ですが毎年、南下してきたジョウビタキが春になってもあちらへ帰らず、

雪花荘の玄関に巣を作っているので驚きです!

私もジョウビタキ家族の誕生を温かく見守っていきたいと思います。

 

それでは今日はここまでにいたします。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

おやすみなさい。

p.s 今日のブログのタイトルは“若女将、〇〇〇をぶら下げて大山寺を歩く。の巻”にしようと思ったのですがなんとなくやめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です